新着情報

第6回下垂体スキルアップセミナー

2018年11月10日に開催された第6回下垂体スキルアップセミナー(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
尾股 慧先生:発熱・血圧低下・低ナトリウム血症をきたした悪性黒色腫の一例


 

第28回臨床内分泌代謝Update

2018年11月2-3日に開催された第28回臨床内分泌代謝Update(福岡)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
尾股 慧先生:イピリムマブ投与中に下垂体炎と急性腎不全を発症した一例
手塚雄太先生:急速に進行したMyxoid型副腎皮質癌の一例


 

第37回日本内分泌学会東北地方会

2018年9月29日に開催された第37回日本内分泌学会東北地方会(盛岡)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
尾股 慧先生:悪性黒色腫の治療中に下垂体炎と間質性腎炎を発症した1例
手塚雄太先生:糖尿病初発時に併存した左副腎腫瘍の1例


 

第215回内科学会東北地方会にて発表を行いました

2018年9月22日に開催された第215回内科学会東北地方会(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
森本 玲先生:MAX変異を伴う家族性褐色細胞腫の検討


 

国際高血圧学会 (ISH 2018) にて発表を行いました

2018年9月20-23日に北京市で開催された 国際高血圧学会 (ISH 2018) に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:Segmental adrenal venous sampling may give a key to
       solution about the debate of cosyntropin stimulation
       or not
尾股 慧先生:Cellular and Genetic Causes of Idiopathic
       Hyperaldosteronism


 

RAAS2018 にて発表を行いました

2018年9月18-19日に広州市で開催された RAAS2018 (ISH2018 Satellite Symposium, Renin-Angiotensin-Aldosterone System) に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:A pathophysiology update of hyperaldosteronism
手塚雄太先生:Urinary magnesium excretion could reflect severity
       of primary aldosteronism


 

第41回日本高血圧学会総会にて発表を行いました

2018年9月14-16日に開催された第41回日本高血圧学会総会(旭川)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:高血圧患者治療における高尿酸血症治療の意義
       ~新規キサンチンオキシゲナーゼ阻害薬トピロキシスタットと
       フェブキソスタットの腎保護作用の検討~
工藤正孝先生:抗血栓療法を要する原発性アルドステロン症の臨床的特徴の解明


 

Joint Hypertension 2018 Scientific Sessions にて
発表を行いました

2018年9月6-9日にシカゴで開催された Joint Hypertension 2018 Scientific Sessions に参加、最新の研究成果を発表致しました。
また尾股慧先生が、
 ・TAC New Investigator Travel Awards
 ・Paul D White International Scholars
 ・Best of AHA Specialty Conferences
を、受賞致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:Significance Of Hyperuricaemia Treatment In
       The Treatment Of Hypertensive Patients - Comparison Of
       Renal Protective Effects Between Topiroxostat And
       Febuxostat, New Xanthine Oxidase Inhibitors
工藤正孝先生:Effect of Autonomous Cortisol Secretion on
       Cerebrovasuclular Events in Patients with Primary
       Aldosteronism
尾股 慧先生:Aldosterone-producing Cell Clusters in Essential
       Hypertension
尾股 慧先生:Primary Aldosteronism: Updates from PA Sendai Study
       Registry


 

第4回東北 Aldosterone 研究会にて発表を行いました

2018年9月1日に東北大学医学部艮陵会館で開催された第4回東北 Aldosterone 研究会に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
手塚雄太先生:増大する嚢胞性病変を伴う原発性アルドステロン症の一例


 

第36回内分泌代謝学サマーセミナーにて発表を行いました

2018年8月2-4日に宮城蔵王で開催された第36回内分泌代謝学サマーセミナーに参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
尾股 慧先生:特発性アルドステロン症における体細胞遺伝子変異の検討


 

CSR2018 にて発表を行いました

2018年7月8-11日にソウルで開催された 4th Congress on Steroid Research 2018 (CSR2018) に参加、最新の研究成果を発表致しました。
また、手塚先生が best presentation award を受賞致しました。


発表演題名
手塚雄太先生:Adrenal venous steroid profile in estrogen-producing
       adrenal adenoma complicated with primary aldosteronism


 

第18回東北大学病院市民公開講座にて発表を行いました

2018年6月23日に仙台国際センターで開催された、第18回東北大学病院市民公開講座「もっと知りたい!血圧と腎臓の神秘」に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
森本 玲先生:ホルモンを知り血圧を下げよう


 

第82回宮城内分泌研究会にて発表を行いました

2018年5月30日に東北大学医学部艮陵会館で開催された第82回宮城内分泌研究会に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
尾股 圭先生:原発性アルドステロン症の遺伝子異常


 

第7回臨床高血圧フォーラムにて発表を行いました

2018年5月19-20日に開催された第7回臨床高血圧フォーラム(京都)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
森本 玲先生:迅速酵素免疫測定法を活用した原発性アルドステロン症の診断:
       PA Sendai Study レジストリー の解析より


 

第91回日本内分泌学会学術総会にて発表を行いました

2018年4月26-28日に開催された第91回日本内分泌学会学術総会(宮崎)に参加、最新の研究成果を発表致しました。
また、27日夕方に開催されたソーシャルイベントに、当院より、佐藤文俊先生、菅原明先生、手塚雄太先生が参加致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:原発性アルドステロン症のサブタイプ診断
        ~副腎分支静脈採血法 (Segmental AVS) による
       ACTH負荷前後の副腎中心静脈採血法 (central AVS) の
       Lateralized Index の検証~
工藤正孝先生:当科における転移性副腎腫瘍に対する診療実績
尾股 慧先生:原発性アルドステロン症の細胞学的および分子学的機序
手塚雄太先生:慢性腎臓病合併原発性アルドステロン症症例における
       患側副腎摘除の意義


 

第36回日本内分泌学会東北地方会にて発表を行いました

2018年4月21日、佐藤文俊特任教授を会長として第36回日本内分泌学会東北地方会が仙台(東北大学医学部開設百周年記念ホール・星陵オーディトリアム)で開催されました。当科からも最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
手塚雄太先生:カテコラミン過剰産生を伴う嚢胞性副腎腫瘍の一例
真多一壽先生:アルドステロン産生腺腫におけるCYP11B2の腫瘍内不均質性の
       臨床的意義
中山智貴先生:副腎性クッシング症候群におけるアルドステロン産生局在の検討


 

米国内分泌学会学術総会(ENDO2018)にて発表を行いました

2018年3月17日よりシカゴで開催された ENDO 2018 に参加、最新の研究成果を発表致しました。
また、手塚先生が Endocrine Society Outstanding Abstract Awards を受賞致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:Segmental Adrenal Venous Sampling Can Clarify
       The Localization For Hyperaldosteronism In The Cases
       With Varying Diagnoses By Central Adrenal Sampling
       In Presence Or Absence Of Cosyntropin Stimulation
尾股 慧先生:Intratumor Heterogeneity in Adosterone-Producing
       Adenomas with KCNJ5 Mutations
手塚雄太先生:The Removal of Aldosterone-Producing Adenoma
       Ameliorates Blood-Pressure Control with Mild
       Decrease in Kidney Function in Primary Aldosteronism
       Complicated with Chronic Kidney Disease


 

第43回国際アルドステロンカンファレンス(IAC)にて
発表を行いました

2018年3月15日よりシカゴで開催された 第43回国際アルドステロンカンファレンス(IAC)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:Segmental adrenal venous sampling may give a key to
       solution about the debate of cosyntropin stimulation
       or not


 

第213回内科学会東北地方会にて発表を行いました

2018年2月17日に開催された第213回内科学会東北地方会(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
迫田みく先生:急性心不全を呈したクッシング症候群合併妊娠の1例
迫田みく先生:連合弁膜症による心不全を合併した先端巨大症の1例
       


 

第5回 PA・Aldosterone 関連疾患研究会にて発表を行いました

2018年2月3日に開催された第5回 PA・Aldosterone 関連疾患研究会(東京)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
尾股 慧先生:原発性アルドステロン症の細胞学的・分子学的機序の検討
手塚雄太先生:慢性腎臓病を合併した片側性原発性アルドステロン症における
       治療介入効果
       


 

平成29年度 医学部学生奨学賞受賞

2018年1月18日、医学部1号館大会議室にて、平成29年度医学部学生奨学賞授与式及び受賞講演会が行われ、当科で基礎医学修練された宍戸悠華さん(4年)が奨学賞を受賞しました。
宍戸悠華さんコメント「基礎医学修練でお世話になりました。実験について何も分からない私に丁寧かつ熱心なご指導してくださり、研究の一連の流れやプレゼンテーションについて学ぶことができました。加えて海外留学や学会発表も経験させていただき、多くのことを学び成長することができたと実感しております。ありがとうございました。」

受賞演題名
宍戸悠華さん:アルドステロン産生線腫における形態学的・免疫組織学的・
       遺伝学的 intratumoral heterogeneity の検討
       

後列右端 宍戸さん

 

KIST-Tohoku University Joint Symposium にて発表を行いました

2017年11月21-22日に開催された KIST-Tohoku University Joint Symposium (Seoul)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:Clinical Significances of Rapid Assays of Aldosterone and
       Active Renin Concentrations and Peripheral Blood
       18-oxo-cortisol Measurement
手塚雄太先生:The influential factors on 18-oxocortisol synthesis in
       aldosterone-producing adenoma
       


 

第40回日本高血圧学会総会にて発表を行いました

2017年10月20-22日に開催された第40回日本高血圧学会総会(松山)に参加、最新の研究成果を発表致しました。
また、祢津先生が Young Investigator's Award 最優秀賞を受賞致しました。
受賞演題名:Nrf2 Inactivation Enhances Placental Angiogenesis in a Preeclampsia Mouse Model and Improves Maternal and Fatal Outcomes


発表演題名
佐藤文俊先生:高血圧診療におけるアルドステロン拮抗薬による治療戦略
       ~どのような症例にどのように使うべきか~
       Strategic Therapy by Aldosterone Blockers for
       Hypertensives - for What Kind of Patients and
       How Should You Use Them
手塚雄太先生:慢性腎臓病を合併した原発性アルドステロン症症例の特徴
       The Features of Primary Aldosteronism in Chronic Kidney
       Disease Cases
手塚雄太先生:原発巣手術から16年後に診断に至った悪性傍神経節腫の一例
       Malignant Paraganglioma Diagnosed after 16 Years from
       First Surgery
尾股 慧先生:研究・出産育児・英語文化を通じて米国で学んでいること
       Life in the USA as a Postdoc, Father and English Learner
       


 

第35回日本内分泌学会東北地方会にて発表を行いました

2017年10月14日に開催された第35回日本内分泌学会東北地方会(秋田)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤俊宏先生:無痛性甲状腺炎を合併した先端巨大症の1例
本村芳一先生:未破裂脳動脈瘤クリッピング後に発症した中枢性尿崩症の1例
手塚雄太先生:増大する左後腹膜腫瘍の1例
森本 玲先生:原発性アルドステロン症の精査過程で ABI 低値を認めた1例


 

AHA Council on Hypertension にて発表を行いました

2017年9月14-17日に開催された AHA Council on Hypertension (San Francisco) に参加、最新の研究成果を発表致しました。
また、手塚先生が New Investigator Award for Japanese Fellows を受賞致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:The Clinical Postoperative Outcome Between Two Group
       of the Patients With Aldosteronoma Differentiated by
       the Higher and the Lower Cosyntropin-stimulated
       Lateralization Indices
工藤正孝先生:Cerebrovasuclular Events in Patients With Primary
       Aldosteronism: Results of the PA Sendai Study Registry
尾股 慧先生:Cellular and Genetic Causes of Idiopathic
       Hyperaldosteronism
手塚雄太先生:Peripheral 18-oxocortisol Concentration Reflects
       Intra-tumoral Activities of Both CYP11B1 and CYP11B2 in
       Aldosterone-producing Adenoma
       


 

第212回内科学会東北地方会にて発表を行いました

2017年9月9日に開催された第212回内科学会東北地方会(盛岡)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
手塚雄太先生:血圧管理に難渋した両側副腎腫瘍の1例
手塚雄太先生:月経不順を契機に診断に至った副腎皮質癌の1例
森本 玲先生:急性心不全を伴う高血圧症にて発症した弾性線維性仮性黄色腫の1例


 

第18回東北大学病院医学講座にて発表を行いました

2017年7月30日に開催された第18回東北大学病院医学講座(宮城県歯科医師会主催;仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
宮崎真理子先生:腎臓病と歯科・口腔外科疾患との関連
佐藤文俊先生:肥満を含む代謝疾患~食事療法と運動療法の1つのUpdate~
工藤正孝先生:歯科治療を行う高血圧症患者に対する適切な対応と留意点
森本 玲先生:歯科治療に関連する内分泌・骨代謝疾患について


 

成人病の病因・病態の解明に関する研究助成(TMFC)
第23回研究発表会にて発表を行いました

2017年7月1-2日に開催された成人病の病因・病態の解明に関する研究助成(TMFC)第23回研究発表会(大阪)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
森本 玲先生:原発性アルドステロン症における新規診断技法の検討


 

第14回東北下垂体腫瘍フォーラムにて発表を行いました

2017年6月24日に開催された第14回東北下垂体腫瘍フォーラム(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
祢津昌広先生:下垂体腫瘤様所見とステロイド反応不良につき、
       下垂体生検による診断を要した中枢性尿崩症の1例
       


 

第211回内科学会東北地方会にて発表を行いました

2017年6月17日に開催された第211回内科学会東北地方会(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
阿部真以子先生:性ホルモン過剰分泌を呈した副腎腫瘍の1例
       


 

ESH2017にて発表を行いました

2017年6月16日よりミラノで開催された 27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:Simultaneous Measurement of Aldosterone and
       Renin Concentrations in Ten Minutes Could Change
       the Clinical Assessment of Hypertensive Patients
       


 

APSN/JSN CME Course 2017 にて発表を行いました

2017年5月25日に開催された APSN/JSN CME Course 2017(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
工藤正孝先生:The kidney as an endocrine target organ gives you
       a clue to the diagnosis of secondary hypertension
森本 玲先生:Renal impairment in primary aldosteronism; case series
       


 

第60回日本腎臓学会学術総会にて発表を行いました

2017年5月26-28日に開催された第60回日本腎臓学会学術総会(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:腎とアルドステロン
       ~アルドステロンの腎における病態生理を臨床家の立場で考察する~
佐藤文俊先生:アルドステロン・レニン濃度の同時10分間新規測定法による
       高血圧診療アセスメント
       


 

第6回臨床高血圧フォーラムにて発表を行いました

2017年5月13-14日に開催された第6回臨床高血圧フォーラム(岡山)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:二次性高血圧を見逃さない
       ~原発性アルドステロン症診断治療のUpdate~
工藤正孝先生:副腎静脈サンプリングにて片側副腎摘除の適応と判定したが、
       最終的に薬物療法での加療を選択された症例についての報告
手塚雄太先生:100mmHg以上の血圧日内変動が観察された
       純粋自律神経不全症の一例


 

第34回日本内分泌学会東北地方会にて発表を行いました

2017年4月15日に開催された第34回日本内分泌学会東北地方会(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
森本 玲先生:偶発腫瘍を契機に診断されたアンドロゲン産生副腎腫瘍の1例
森本 玲先生:副腎術後に重症心不全の改善を認めた原発性アルドステロン症の1例
手塚雄太先生:無症候性高カルシウム血症を呈した副甲状腺癌の1例
手塚雄太先生:両側副腎摘除から7年後に局所再発、転移性肝腫瘍を認めた
       多発性内分泌腫瘍症2B型の1例


 

米国内分泌学会学術総会(ENDO2017)にて発表を行いました

2017年4月1日よりオーランドで開催された ENDO 2017 に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
尾股 慧先生:Aldosterone-Producing Cell Clusters (APCC) Frequently
       Harbor Somatic Mutations and Accumulate with Age in
       Normal Adrenals


 

第42回国際アルドステロンカンファレンス(IAC)にて
発表を行いました

2017年3月30日よりオーランドで開催された 第42回国際アルドステロンカンファレンス(IAC)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
手塚雄太先生:The Synthesis of 18-oxocortisol can be Influenced
       by Intra-tumoral Production of Precursors and
       CYP11B1/B2 Double Positive Cells in
       Aldosterne-producing Adenoma
尾股 慧先生:Genetic Causes of Idiopathic Hyperaldosteronism


 

第9回 元気!健康!フェア in とうほくにて発表を行いました

2017年4月1-2日に開催された、第9回 元気!健康!フェア in とうほく(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
森本 玲先生:ホルモンを知り、血圧を下げよう


 

東北みらいプロジェクトレクチャーシリーズにて発表を行いました

2017年3月18日に開催された、東北みらいプロジェクトレクチャーシリーズ「血圧管理で健康長寿」(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
佐藤文俊先生:難治性高血圧症と原発性アルドステロン症の診断と治療


 

第28回間脳・下垂体・副腎系研究会にて発表を行いました

2017年3月11日に開催された、第28回 間脳・下垂体・副腎系研究会(東京)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
手塚雄太先生:早期治療にて日和見感染症を管理し得た Cushing 病の一例


 

第31回東北成長障害・成長因子研究会にて発表を行いました

2017年3月11日に開催された、第31回東北成長障害・成長因子研究会(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
祢津昌広先生:体外受精後、長期入院管理を要したが、妊娠35週での出産に
       成功した胚細胞術後汎下垂体機能低下症の一例
五十嵐康宏先生:小児内分泌発達神経クリニックにおけるトランジションの現況


 

第53回日本超音波医学会東北地方会学術集会にて発表を行いました

2017年3月12日に開催された、第53回日本超音波医学会東北地方会学術集会(仙台)に参加、当院生理検査センターとの共同研究として、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
真部美穂先生:原発性アルドステロン症を契機に発見された大動脈縮窄症の一例


 

第27回日本間脳下垂体腫瘍学会にて発表を行いました

2017年2月24日に開催された、第27回日本間脳下垂体腫瘍学会(東京)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
祢津昌広先生:体外授精後の繰り返す意識変動のため長期入院を要したが、
       集学的治療により妊娠35週での出産・退院に成功した
       水頭症合併胚細胞腫術後汎下垂体機能低下症の一例


 

第210回日本内科学会東北地方会にて発表を行いました

2017年2月18日に開催された、第210回日本内科学会東北地方会(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
高橋裕美先生:複数の併存症より診断に至った先端巨大症の1例


 

第4回 PA・Aldosterone 関連疾患研究会にて発表を行いました

2017年2月4日に開催された、第4回 PA・Aldosterone 関連疾患研究会(東京)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
手塚雄太先生:アルドステロン産生腺腫を合併した腎硬化症の一例


 

第30回東北副腎研究会にて発表を行いました

2017年1月28日に開催された、第30回東北副腎研究会(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
手塚雄太先生:アンドロゲン産生副腎腫瘍の若年女性症例


 

第5回食後血糖コントロールセミナーにて発表を行いました

2017年1月26日に開催された、第5回食後血糖コントロールセミナー(仙台)に参加、最新の研究成果を発表致しました。


発表演題名
森本 玲先生:緩徐な糖質制限と非インスリン療法による、
       持続可能な糖尿病治療の試み


 

次へ

Top | Home